So-net無料ブログ作成
検索選択
プリアンプ ブログトップ

ハイゲイン・マルチ・プリアンプ!? [プリアンプ]


JCと相性が良く、1台あると、けっこう重宝するペダルを今回はご紹介します。

それは
ARTのXTREME

IMG_20141214_232549.jpg

見た目はマルチエフェクターに近いですが


*
  • ハイゲインなXTREME。
  • 70~80年代ディストーション・サウンドのSCREAM
  • レトロ(?)な歪のRETRO。

と3種類のアナログを内蔵。

*ART独自のセッティングいらずで即戦力・空間系エフェクター32種類がプリセットされていて
その中から1つエフェクター選ぶことができる。

*3バンドイコライザー搭載でミドルのフリーケンシーを調節できる。

*プリアンプにもなるので、ミキサーやリターン端子にも直接接続できる。

*ステレオアウトのため、2台のアンプを使用することもできる。
 
*外装は頑丈なスチール製でできており、
縦約20cmx横約20cmx高さ約4cmという割とコンパクトな筐体。 
 

ということが特徴で

【3種の歪を持つプリアンプにお手軽な空間系エフェクターを付けたもの】

といった感じです。

その操作も、操作が簡単になったといわれる
今のマルチエフェクターに比べても、かなり簡単で
非常に扱いやすいです。

そして、そのサウンドが意外にも、


BOSSに近い!?



歪の質は、コンプレッションが強く、

非常に整っていて
BOSS的・優等生サウンドといえます。

特に
機体の名前でもある
メインのハイゲインな歪、XTREMEは

ミドル・フリーケンシーで調節できるというもあり、
その出音がBOSS MT-2 Metal Zone 風で
慣れている方には即戦力になってくれると思います。


さらに

プリアンプということもあってか
BOSSのコンパクトエフェクターより、
出音が太い!

というところも、このペダルの魅力です。

悪いところは


9VAC出力の専用アダプターを使用すること。

通常のDC9Vアダプターが使えないのはちょっと面倒ですね。

あとは、BOSSの音に近いっていうのも好き嫌いわかれるところかもしれません。


ですが

出音がBOSSに近いからJCと相性が良いわけで
 
プリセットされているとはいえ
  • 今となっては珍しいARTの空間系エフェクターが使用でき、

  • BOSS歪ユーザーが違和感なく使用できて

  • BOSSよりも音が太い!

なんて、

なかなかないエフェクターじゃないでしょうか。
 
 

BOSSの歪が好きな方で
マルチはちょっと面倒だけど
もう一味ほしいと思っている方にオススメできるエフェクターと思います。

しかし、購入したい場合、 

このエフェクター自体、すでに絶版になっていますので
残念ながらヤフオクなどで中古を探すしかないです。


もし楽器屋で中古を見かけることがあったら、是非、試してみてください。


では最後に空間系のエフェクターリストです↓

IMG_20141223_160006.jpgIMG_20141223_160014.jpg

説明書にはダレルとヌーノ・モデルのイラストが!
この時代のサウンドに特化した歪&エフェクタープリセットともいえますね^^

IMG_20141223_160019.jpgIMG_20141223_160026.jpg
 
YOUTUBEに音源がアップされていたので そのURLを載せておきますね。
こちらをクリックしてみてください↓
 
 
今回は
ART社・XTREMEのご紹介でした^^
 
ご参考になれば幸いです。 

最後まで、お読みいただき、
ありがとうございました。 

ヤバイ!MESA V-TWIN MOD [プリアンプ]

今回は

僕のお気に入りペダルMOD化したMESA BOOGIE V-TWINについて紹介したいと思います。

2003-01-08 23.23.30.jpg

2003-01-08 23.23.54.jpg


V-TWINはプリアンプにも、ディストーションにもどちらでも使えるペダルです。

僕はJCのリターン端子に接続し、プリアンプとしておもに使用していますね。

真空管はJJとグルーブチューブ選別のJJの2つに交換していて

本体は2度、MODされています。




1度目のMODは、YOUTUBE動画になっているものですね。
動画はそこのショップの方が投稿したものです。


少しハイゲインになったかな~といった感じな動画が見れると思います。

元のV-TWINは「え?」っていうくらい、まったく歪まないので
ま、こんなものかと納得していたんですが。

その後、壊れてしまい。。。。

修理と同時にさらにハイゲインMOD頼めないかなと次に選んだのが

エンパイア カスタム アンプリフィケーション」

というところ。

「どんな感じがよいですか?」っ聞かれたので

KRANKのペダル渡して「こんな感じかな~」ってメールをし、

待つこと数日、

なんと!

あのV-TWINが!

驚くほど極悪激歪ペダルになって戻ってきたじゃないですか!!。

音圧も分離感も立体感も凄すぎるし。

JC120で使用すると

レクチとの合いの子みたいなアンプに変わっちゃうんですね。

もうビックリ。


もし、V-TWINお持ちの方で現状のサウンドに満足していないなら
「エンパイア カスタム アンプリフィケーション」へ相談してみるのを
おすすめします。

その時のことを
「エンパイア カスタム アンプリフィケーション」の
サイトで紹介されていました↓

target="_blank">こちらをクリックしてみてください^^


ほんと良い仕事してくれましたね。
プリアンプ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。