So-net無料ブログ作成

JC120から重低音が [裏技]

JC120はオープンバックタイプ&キャスター付きのアンプになりますので
音抜けは良いのですが
どうしても低音が弱いんです。


エフェクターブックなどに
壁に付けたりなど、アンプ裏側を塞いでやると
スタックアンプ風になるという技が書いてありましたが

僕はそれをさらに発展させた技なんですね。


では書いていきましょう。




まず、JC120に付属のキャスターが低音を出し切るのに
邪魔をしているので

JC120を縦に置きます。
そうすることで、しっかりした低音が出るようになるんです。

その状態で
壁などで裏を塞いでしまうと、確かに低音は上がるのですが
音抜けがいまいちなんですね。



なので




スタジオの角に、そのまま持っていき、
上から覗くと△の空 間が空 くようにしてみてください。



こうすることで
リッチな低音がでて、音抜けも抜群になるんです。



これだけでもスタックアンプ風で良い感じなのですが、


縦にしたJC120の上に
スタジオで使用していないマーシャルなどのヘッドアンプを
載せます。そうすると....


なんと!
音がさらに重くなって、
メタル仕様のJC120になるんです!


この状態で
お気に入りのディストーションペダルを踏んでみてください。

どうですか?地鳴りがおこり
スタックアンプ勝るとも劣らない重低音が
体に響いてきませんか?。

ヘッドアンプの空きがない場合は
なにか重いものを載せても同じ効果ですよ。


この技はお金もかからず、音質アップできるので
すでにJC120を愛用しているメタルギタリストには
是非試してみてほしいですね。


*↑
をさらにスタック化させる方法を掲載しました。↓


こちらをクリックください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。