So-net無料ブログ作成
検索選択

The 歪み DISTORTION編 [雑感]

IMG_20150328_161901.jpg 
 
 
この本。


歪ペダルを購入検討するのに
かなり参考になりましたので、
今回はご紹介したいと思います。

まず


そのざっくりした内容は


74機種の歪ペダルを

クランチサウンド、

ドライヴサウンド、

リードサウンド、

激歪エクストリームサウンド。

という4種類のサウンド・セッティングにして


クリーンサウンドにセットした

マーシャルJVM、

フェンダーTwin Reverb、

JC-120の

3台のアンプを使い

IMG_20150328_161917.jpg



シングルコイルのストラトキャスター。

ハムバッカーのレスポール。


の2本のギターで
それぞれ鳴らしたデモ音源を
DVD-ROMにして付属し、

書籍には、その解説/写真などを掲載。


といったムック本なんですが、


ほかの歪ペダル・ムック本と比べて



①付属の音源が良い!!

 
 
そのデモ音源を演奏している
菰口雄矢氏のデモ演奏が絶品すぎ!

IMG_20150328_161932.jpg

この手のムック本はけっこう購入していますが
付属のデモ音源でこんなにセンスの良いのは初めて。

これだけでも、ほんと参考になるのに

74機種の激歪エクストリームサウンドまで収録しているので
僕のようなハイゲインサウンドに偏った人にも

「この機種はこれだけ歪むのか~」
激歪にして、リフを弾くとこんな感じか~」

などわかり、

多種多様な弾き手の事を
良く考えて作られていることがわかります。


この音源には
多くのギタリストが納得できるんじゃないでしょうか。



②コメントが良い!!

 
 
さらに解説も記載している菰口雄矢氏。

「これは持ってました」とか
氏の普段から歪ペダルに精通していると思われるコメントや、


「コンプレッション感が~」
「これはアンプ・ライク~」
「これは定番~」
「マーシャル的」「メサ的」

などなど、いろいろ歪ペダルを使ってきた人じゃないと
語れない解説は

歪ペダル好きには非常に参考になると思います。

菰口雄矢氏って?というお方はこちらをどうぞ
▼                         ▼

↑ちょっと音質悪くすみません。
 
 

③1776音色収録と比較できる音色数が多い!!


たとえば
 
「JCでこんな音の時、マーシャルでは?」

という比較も付属のDVD-ROM音源で確認できるので

僕のように
JCでマーシャルと対等のサウンドをだそうと
試行錯誤している方には
めちゃくちゃ参考になると思います。


が、良いと思ったところですね。


で、掲載されている74機種の歪ペダルはこちら



[#01]ARION:MDS-1 Distortion
[#02]BEARFOOT GUITAR EFFECTS:Dyna Red Dist.
[#03]BEHRINGER:UM300 Ultra Metal
[#04]BLACKSTAR AMPLIFICATION:LT DIST
[#05]BLACKSTAR AMPLIFICATION:HT-DISTX
[#06]BOB BURT PEDALS:Bob Burt GR8T Distortion
[#07]BOGNER AMPLIFICATION:Burnley
[#08]BOOT-LEG.:HZM-2.0 Quattro Valvole
[#09]BOSS:DS-1 Distortion
[#10]BOSS:MT-2 Metal Zone
[#11]BOSS:DS-1X Distortion
[#12]BRUNETTI:Burning Box
[#13]CARL MARTIN:Hot Drive’n Boost Mk II
[#14]CHOCOLATE ELECTRONICS:Fat Distortion
[#15]DANELECTRO:D-1 Fab Distortion
[#16]DigiTech:Grunge
[#17]DigiTech:SC-2 Valve Distortion
[#18]EKO:Volcano
[#19]ELECTRO-HARMONIX:English Muff’n
[#20]ELECTRO-HARMONIX:Metal Muff
[#21]EMMA ELECTRONIC:PisdiYAUwot
[#22]E.W.S.:Brute Drive
[#23]Ex-pro:D + S Distortion + Solo
[#24]FREE THE TONE:Iron Forest Distortion
[#25]FRYETTE:S.A.S.
[#26]FULLTONE:OCD
[#27]G2D:Morpheus
[#28]HUMAN GEAR:Fine Distortion
[#29]IBANEZ:SD9M Sonic Distortion Mod.
[#30]JACQUES STOMPBOXES:Fuse Blower II
[#31]JET CITY AMPLIFICATION:Shockwave Distortion
[#32]JHS PEDALS:Angry Charlie
[#33]JOYO:Us Dream
[#34]KEELEY ELECTRONICS:Stahlhammer Distortion
[#35]LANDGRAFF:Distortion Box
[#36]LEQTIQUE:9/9
[#37]LOVEPEDAL:Hi Volt Custom
[#38]MAD PROFESSOR:Mighty Red Distortion
[#39]MARSHALL:GV2 Guv’nor Plus
[#40]MAXON:SD-9 Sonic Distortion
[#41]MAXON:DS-830 Distortion Master
[#42]MESA/BOOGIE:Throttle Box
[#43]MI AUDIO:Super Crunch Box
[#44]MONTREUX ORIGINAL PEDALS:Knebworth II
[#45]MOVALL AUDIO:MM-01 Scorpion
[#46]MXR:M104 Distortion +
[#47]MXR:DD11 Dime Distortion
[#48]NOAH’SARK:Distortion”B”
[#49]OKKO:Dominator
[#50]OKKO:Black Beast
[#51]ONE CONTROL:Anodized Brown Distortion
[#52]PIGTRONIX:Philosopher’s Tone
[#53]PROCO:RAT 2
[#54]PROCO:Turbo Rat
[#55]PROVIDENCE:SDT-2 Stampede DT
[#56]RADIAL:Tonebone Classic
[#57]RED WITCH:Famulus
[#58]RETRO-SONIC:Distortion
[#59]ROCKTRON:Third Angel Distortion
[#60]ROGER MAYER:Voodoo-1 Classic
[#61]SHIGEMORI:RaD
[#62]SHIN’S MUSIC:DS-XXX
[#63]sobbat:DB-1 Drive Breaker
[#64]SUHR:Riot Reloaded
[#65]TC ELECTRONIC:Nova Drive
[#66]TECH 21:Boost Distortion
[#67]T・REX ENGINEERING:Mudhoney
[#68]VFE PEDALS:Distortion3
[#69]VISUAL SOUND:Son Of Hyde
[#70]VOX:V8 Distortion
[#71]WAMPLER PEDALS:Pinnacle
[#72]WAY HUGE ELECTRONICS:WHE301 Fat Sandwich
[#73]Z.VEX EFFECTS:Box Of Rock
[#74]320design:Brown Feather



320design、CHOCOLATE ELECTRONICSなど話題のブランドから
有名ブティック系、定番もの、
JOYO、BEHRINGERなど低価格ブランドまでと幅広く掲載していますね。

個人的にはSHIGEMORIの新作や
FRYETTE、SHIN’S MUSICはJCでどんな感じになるか気になっていたから
うれしいところでした。



最後に

 
このムックの悪いところ。


音源をDVD-ROMじゃなくてCDにしてほしかった...




ですが



機種の選別良し!音源良し!コメント良し!


今までありそうでなかった
歪ムック本じゃないでしょうか!?
 
 
 
 
 
書店・楽器店などで見かけたら 
是非検討してみてください。
 

ご参考になりましたら幸いです。
 
今回も最後まで、お読みいただき、
ありがとうございました。 

JC120 クリーンサウンド [雑感]

「このディストーションペダル、一人で音試している時は良いのだけど、
 バンドであわせるといまいちだな~」


って思ったことありませんか?
僕は沢山ありますね。
やっぱり、
歪ペダルはバンドで使えて、はじめて威力を発揮するものだと思っています。




なので


歪ペダルを使用して
「これがJC120の音なの?」っていう驚きがあり
しかも実際にバンドでも使えるディストーションサウンド。



これが良いですよね。

バンドで使えるディストーションサウンドは
エフェクターを紹介するときにして


今回はそんな音を作るための
土台となる

僕の場合のクリーンサウンド
を紹介したいと思います。



バンド練習の時、
僕はドラムの音量にアンプ音量にあわせるのですが
そうすると
JC120のつまみは
ヴォリームが 「 3 」 。
トーンは
ハイが 「 0 」 。
ミドルが 「 2 」 。
ベースが 「 1 」 。
となるんですね。

ブライトONです。


そうです、ブライトがONなんです!。
驚きましたか?。変わってますか?。
ですが
僕のギターの場合、このセットが非常にバランスよいですね。




ほかのギターでも参考になるポイントとしては
「JC120のトーンをあまり使用しないこと」
ですかね。


「これがJC120の音なの?」=「JC120らしくない音」
と思ってますのでJCのトーンは「ちょっと」程度が良いんです。



「JC120のトーンをあまり使用しないクリーンサウンド」。


よかったら、試してみてください。

*↑もオススメですが
2014年6月・スタジオに持っていく機材・JCのつまみ位置を変更しました。↓


こちらをクリックください。

所有ギターについて [雑感]

一番最初のところでも少し書きましたが

所有しているギターについて書いておこうと思います。

1. IbanezのRGD

2003-01-08 23.18.01.jpg

これに付属のIbanezオリジナルフロイドローズ「Edge Zero」。

通常のフロイドローズと構造が違っていて
チューニングがメチャクチャ安定して、弦交換もすごく簡単なんです。

これは便利ですよ。



指板はローズ・ボディはバスウッドです。

ピックアップの音が素直にでる感じで扱いやすいですね。

付けているEMG H3 + EMG ALX のブースターセットは狙った通りの

音になりましたから、嬉しかったですね。



弦高は12フレットでフレットから1.5mmです。

弦高が低いほうが

コード音がジューシーになるので好きなんです。

所有のギターは全てジューシー仕様ですね。


Ibanezは構造上、弦高を低くしてもバランスが非常に良いです。

弦高を低くしたい人にはIbanezすごく良いですよ。






2. Steinberger GM

2003-01-08 23.11.52.jpg


グラファイトネック、T-trem、EMG89 仕様のですね。

スタインバーガーはキレイな音です。

歪ませると

コンプレッションの効いた深い歪で

80~90年代フュージョン/ハードロックに合う感じがします。



高音と低音をブーストできますが

キレイな音は変わりませんね。



11-52弦でドロップCチューニングにすると

テンションバランスは良かったですね。

僕はSteinbergerでもドロップCなんですよね~。



これも良い構造していて弦高を下げても良いバランスです。

コンプのおかげでか?ちょっとしたミスも誤魔化してくれます。

ずるいギターですよ。


でも僕には音がキレイ過ぎますね~。




3.  Bacchus SURF

2003-01-08 23.10.14.jpg

ピックアップはEMG H3 + EMG ALX のブースターに交換。
(2014年6月、ピックアップをダンカンに変えました^^)

ブリッジはTune-O-Matic/アルミテイルピース。 

エボニー指板・アッシュボディ。

27inchのネックですね。

Ibanezと同じピックアップセット&ほぼ同じinchネック&同じチューニングとなっています。


こちらのほうが

アッシュボディ&0.5inch長いネックのおかげか


音の輪郭がハッキリしていて

特に低音が物凄くでますね。

ハーモニクスもよく拾い、ワイドレンジな

良い音なんですが




僕はより低音がタイトな

Ibanezのほうが好みでした。

僕にはワイドレンジ=好みの音ではなかったんですね。



勝手な推測ですが

低音がタイトなのは

Ibanezがフロイドローズタイプ&ナット部が金属だからかも?とも思っています。





Ibanez、Bacchus ともに
弦はエリクサー10-46です。




エクストラロングスケール (27inch,26.5inch~) のギターって
10-46の割と柔らかい弦でも
ダウンチューニングの際に
しっかりしたテンションが稼げるので
1音下げやドロップCチューニングの方にはほんとおすすめです。



しっかりしたテンション+割と柔らかい弦のコンビは
僕の好きなジューシーなサウンドにはピッタリなんですよね。


ほかにも8弦とかありますが
(2014年6月、8弦ギターは手放してしまいました。挫折しましたね^^)
今、手元にあるギターは、この3本ですね。




ハイゲインスタックアンプだと
どんなギターでも
調整効くのかもしれませんが
JCの場合、ギター選びがほんとに大切だと思いますよ。



次はやっとJC120について書こうと思います。

でどんなメタル?なぜJC? [雑感]

メタルサウンドといっても色々あるわけなのですが。



僕の研究しているメタルサウンドは

メタルコア、メロデス辺りのサウンド。

トーンを少し変えて

モダンヘヴィネスやスラッシュ辺りもいける音を

JC120でやりたいなと思っているんですよ。

ハイゲイン・スタックアンプに勝るとも劣らない音で。



なぜJC120なのか?


それは



ハイゲイン・スタックアンプを使ってしまえば

良い音だせますよね。





そこにあまり魅力を感じないわけなんですよ。




それに、

重い機材を持ってスタジオに行くのって大変じゃないですか。

そんな思いをされた方、多いと思いますが

僕も

「5150」や

「JMP-1+ラックエフェクター+重いパワーアンプ」ラック

など持ってましたから


その気持ちはよくわかるんです。


でも



どこのスタジオにもあるJC120で
ギターバッグのポケットに入るだけの機材を使って

ハイゲイン・スタックアンプに勝るとも劣らない音がだせたら
嬉しくないですか?。



僕にはそれが嬉しいんですよ。

だからJC120でメタルサウンドを研究しているのです。





まだまだ試していない機材は沢山あるのですが

現時点で使用してきた・満足できた機材を紹介して

少しでも

「JC120でもメタルサウンドなんとかならないかな~」と

悩んでいる方への参考になればよいかなと思って書いています。

(偏ったメタルサウンドではありますが。。。)



なので

「それ違っているよ」とか
「こっちの機材のほうがよい」とか

苦情・情報などありましたら

是非教えてください。

2014年6月・「ギターバッグのポケットに入るだけの機材」とはなりませんでしたが^^
ハイゲイン・スタック・アンプに迫るセットを掲載しました。↓


こちらをクリックください。

シールド [雑感]

僕は ヤフオクで作ってもらった

BELDEN 9395 を使用しています。



BELDEN 9395 は 

歪んだ音との相性が非常によいんです。




9395を使用する前は

ノイトリック製プラグのBELDEN 8412 を使用していました。

こちらは太い音になりますね。


太い音が良いか悪いかは好みですが

僕は9395の方がすっきりしているので音作りしやすいかなと思って使っています。




また、8412に付いていたノイトリック製プラグ、丈夫でしたね。

10年位、荒く使用していましたが

トラブルはなかったですよ。ノイトリックは信頼できますね。




BELDEN 9395の方のプラグはクラシックプロのものですが

これも今のところ問題ないですね。

まぁ、丁寧な扱いにはなったってのはありますが。。。


僕は9395をオススメですが

シールドがやや固めかもしれませんね。


いろいろ試してみると良いと思います。

*↑もオススメですが
2014年6月・スタジオに持っていく機材を変更しました。↓


こちらをクリックください。

ピック [雑感]

僕の使用しているV-PICKSについて書きます。

【お買い物前にエントリーで!最大ポイント10倍!6/30 23:59まで!】V-PICKS/強化アクリルピッ...

V-PICKS/強化アクリルピッ...
価格:494円(税込、送料別)


このタイプです↑

はじめてピックで感動しましたね。

素材アクリルでできていて

音にギター2本で重ねて弾いてるような厚みがでます。
これはギタリスト一人のバンドでは嬉しい効果ですよ。

「倍音が多く、奥行きのある音像」

メーカーのサイトに書いてありましたが

まさにその通りですね。

V-PICKSの前はULTEX JAZZⅢを使用していましたが

もう僕は他のピックには戻れませんよ。

値段は高いけどこの音なら安いと思う。


JC120でハイゲイン・スタックアンプに匹敵する
メタルサウンドをだす場合は

このような小さなことの積み重ねが

ほんと効果ありますよ。

是非試してみてください。

*↑もオススメですが
2014年6月・スタジオに持っていく機材・ピックを変更しました。↓


こちらをクリックください。

エフェクターを買う前に。 [雑感]

JC120でメタルサウンドを出す場合、

JC120搭載のディストーションは

まったく歪まないので

エフェクターかプリアンプを使うしかないのですが

その前に、僕自身色々試してきて

一番大事だと思ったのが

出したい音の方向にあったギター、シールド、ピックを選ぶことだと思いました。

当たり前なんですけど、ここを間違えると

迷走することになるんですよね。

僕も長い間、迷走でしたね。

特にJC120の場合はエフェクターの効きがよいじゃないですか。

だからギター、シールド、ピックを換えるだけでも

かなり違ってくるんですよね。

で、僕の場合は

フロイドローズタイプの方が

パームミュートがタイトになるので

IbanezのフロイドローズタイプRGDをドロップCチューニングにし、

ピックアップをEMG ALX付属のABC PRE AMPと
EMG H3を組み合わせて使用しています。

このRGD6弦タイプ、生産終了みたいですが・・・

26.5Inchスケールになっていて

10-46弦でドロップCにしても

テンションバランスがものすごく良いんです。

低音もサスティンも驚くほどあって

ダウンチューニングでメタルをする人のためのギターです。

どこかで見かけたら試奏してみてください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。